ソープで働くと病むのが当たり前?どんな対策をすべき?

お悩み

病むという表現が近年ネットを中心に頻繁に使われる様になりました。
これが他人事なら特に気にする必要もないですけど、自分自身の事になってくると無視もできなくなってしまいます。

ソープで働くと精神的に病んでしまいやすいとよく言われます。
これを防ぐためには、どの様な対策をしておくべきなのでしょうか?
肉体的にはもちろんですが、精神的な意味においても可能な限り健康状態を維持するという事が大切になってきます。

仕事の性質的に病みやすい

どんな仕事であっても病む要素が存在している訳ですが、その中でもソープは性質的に病みやすくなっていると言えます。
自分の嫌いなタイプのお客さんであったとしても接客をしなくてはいけません。
簡単に拒否ができてしまうなら、仕事そのものが成立しなくなってしまうでしょう。

格好良いお客さんばかり来てくれたらな…と考えるのは当然ですけど、ドラマの世界ではありませんから、そう都合よくはいきません。
基本的には不細工なお客さんが大半です。
プレイの時間も1時間とか、場合によってはそれよりもずっと長くなる事があります。
気に入らないお客さんだからといって短時間にして欲しいというこちら側の言い分は通りません。

仮にできたとしても時間的に短ければ、それだけ手取りも少なくなってしまいます。
長時間プレイは本来喜ばなければいけないシチュエーションですが、相手を選択する事ができないという立場上、そのように考えられない事が多くなってしまいがちです。
また、肌と肌を重ねなくてはいけないですから、それが嫌だというのもあるでしょう。
単純に気持ちが悪いのもありますし、ヘルペスや淋病等の性病になってしまう可能性もそれなりにあります。

実際、病気になってしまって、しばらくの間治療に専念せざるを得なくなった例は数知れずです。
死に直結していなかったとしても、気分的には良くないでしょう。
彼氏がいる場合、感染させる訳にはいかないので当面セックスを控えなくてはいけません。
こういった事情もあって、早い段階で嫌になってお店を辞めてしまうという女の子は後を絶ちません。

性格的に向いていないタイプが働き始めた場合は、かなりの確率でそうなる事が予想されます。
これでは大金を稼げるという旨味を得られません。
どうすればソープで病まずに継続して働き続けられるかという事がポイントになってくるでしょう。
この問題に対して上手く対処できるかどうかで、今後の展開が大きく変わってくる事になります。

自分自身で考える事によってある程度対策をする事ができますが、自分で答えを見つけるのは時間が掛かってしまいますから、こちらで手っ取り早くその答えを見つけていただきたいです。
こちらを参考にした上で自分なりの対策法を作り上げる様にしてください。
そうすれば嫌な仕事もそれなりに楽しく感じられる様になってくるでしょう。
人間、嫌な事は中々継続できません。

嫌いな仕事をいかに好きに変えていくかがポイントになってきます。

大金を得ている事実を思い出す

嫌な事を挙げればキリがないのがソープの仕事です。

先程、その辛さについて解説しましたが、皆さんとしても納得する事ができたのではないでしょうか?
これなら仕事を辞めてしまっても仕方がない…と、言った所ですが、ここで忘れてはいけない事実があります。
それは、皆さんはその嫌な仕事と引き換えにして多額の現金を得ているという事です。
その金額が合計でいくらぐらいになるか、それを計算してみるという事をやってみてください。

仮に1日で3万円稼げたとします。
そのペースで月の半分出勤したとすれば、それだけで45万円もの金額になります。
これだけの短い日数で、ここまでの高給を得ることができる仕事は、この世には殆んどありません。
特に会社勤めをしている場合は厳しいでしょう。

余程のエリートサラリーマンであったとしてもこれだけの金額を貰っている人たちは少ないです。
勤め人というのは他人に雇われている立場ですから、得られる額もそれなりにしかなりません。
どうしても稼ぎたいなら自分で事業を起こさなくてはいけません。
ですが、その勇気がないという人が多いです。

会社を起こすやり方も分からないですし、イメージとして何となく恐いというのもあるでしょう。
学校でも職場でも、上からの命令に素直に従うことが良い事という価値観で生きてきていますから、自分で何かをする事が怖くて仕方ない訳です。
これは特定の誰かだけではなくて、日本人全般に言える事です。
そういった状況を考えてみれば、ソープが案外悪い条件の仕事ではないという事が分かるでしょう。

マイナス面にばかり注目してしまう女の子が多いです。
確かにやっている行為そのものを見てみれば決して楽な事ではありません。
ですが、得ることができている報酬に目を向けてみれば、それもまた平均とは良い意味でかけ離れています。
その両方をしっかり比較しておかないといけません。

どちらか一方だけに目を向けてしまわない様にしましょう。
もし、稼いだお金を貯金している様であれば、通帳の預金残高に目を通しておいてください。
辛いなと思った時にそちらを見返してみれば、辞めようかなという考えも変わってくる事になるでしょう。
貯金していない場合は、とにかくいくら稼いでいるかという記録だけでも取っておく様にしてください。

それを通帳の代わりにする訳です。
こんなに稼げる仕事は他に無いと考える事ができれば、精神的にも随分楽になってくるのではないでしょうか。

一度、普通のバイトをしてみる

通帳の残高に目を通したものの、それでも嫌に感じられてしまったなんて女の子もいるはずです。
そうなってしまった場合は、いわゆる普通のバイトを一度してみて下さい。
その方がずっと楽だと思っていたのも束の間、あまりの労働の厳しさに嫌になってしまう可能性が高いです。
労働の負荷だけでも相当な物なのに、それに加えて得られる給料の安さは驚くべきものがあります。

自分の人生を安売りしているという気持ちになってしまっても仕方ありません。
スマートフォンの販売員とか、そういった仕事の場合は体力的にはそれ程の負担は無いですが、ずっと笑顔で対応しなくてはいけないですし、それに加えて機器の使用方法など理解しておかなくてはいけないですから、直ぐに働こうと思ってできる仕事ではありません。
単純労働であれば誰でもできますが、専門的なスキルが求められない仕事は総じて時給が安くなっています。
たった1日でもどこかで働けば、それを強く実感する事ができます。

色々経験をしてみると、ソープ嬢としての仕事が驚くほど簡単で割りが良いという事に気が付きます。
心機一転、こちらで頑張って行こうという気持ちも沸き起こってきます。
1日だけ普通のバイトをする事になる訳ですが、その日については報酬が1万円に届かない可能性が高いです。
ですが、その代わりにソープで頑張ろうという気力が沸いてきますから、結果的には大金を稼ぐ事ができる様になるでしょう。

これまでの仕事の経験というのは、それぞれの女の子によってかなり違いがあります。
それなりの年齢に達している場合は幾らかの社会人経験があるでしょうけど、18歳とか20歳くらいだと全く働いた経験がないという事も特に珍しくはありません。
自分がそれに該当する場合は何らかの仕事をしておきたい所です。
1日だけ限定で働く事ができる仕組みがありますから、派遣会社に登録をして、できそうな仕事に挑戦してみてください。

ちなみに、そこで得られたお給料についてですが、後日に銀行口座に振り込まれることが多くなっています。
即日払いができる場合もありますが、その場合は幾らかの手数料を支払わなくてはいけなかったりします。
ただでさえ少ないお給料から手数料が引かれますから、ガッカリ感は相当な物になってしまいます。
仕事が終わるとクタクタになってしまうでしょう。

こんな事を続けるくらいならソープの方が余程マシだと思えるようになります。

あえて休みの日を多くする

病みがちな女の子は休みの日が少なく、ずっと働きっぱなしというケースが多いです。

できるだけお金を稼ぎたいと考えれば、出勤日数を多くするというのは自然な流れです。
実際、殆んど休み無しで働いている女の子もいる訳ですが、これでは精神を病んでしまっても仕方がありません。
今の日本人全般に言える事ですが、休むことが非常に苦手です。
働く事は良いことという価値観がありますから、それと逆の行為をする事に抵抗がある訳です。

しかし、長期で働いてみると分かりますが、精神的には疲れ果ててしまいます。
終わりの無いマラソンを走らされている様な気分とも言えます。
そこで、皆さんにやっていただきたいのが休日を多くするという事です。
そうすれば精神的なストレスをある程度解消する事ができます。

この際ですが、期限を決めない方がいいでしょう。
休みたいだけ休む様にすると、肉体的にも精神的にもそれなりに楽になれます。
長期で休むと、いつまで経っても仕事に復帰できないのでは?
という疑問もありますが、意外とその様にはなりません。

休み続けるというのも、それはそれで負担が大きくなってしまうからです。
する事もないし、またソープで頑張ってみようかな?
と思えるようになれば理想的でしょう。
ちなみに、休むという言葉を聞くと身体を横にするというイメージがありますが、ここで言う休むというのは自分の自由に時間を使うという意味です。

その中にはもちろん体を横にして寝ておくというのもありますが、それ以外に旅行をしてみたりとか、映画を見たりとか、そういった事をする時間も休みに含まれています。
要するに自分勝手に過ごしてくださいという話です。
ソープは個室内で接客をする事になりますから、比較的開放的な雰囲気で仕事をする事ができますが、それでも半日ぐらいお店の中にいる事も多いですから、どうしても閉塞感というのが漂ってしまいがちです。
気分転換を兼ねて、そこから飛び出してください。

室内の照明はどうしても明るさが不足してしまいがちです。
太陽光の方がずっと明るいですから、こちらをしっかり浴びるようにしてください。
日焼け対策として日焼け止めを塗っておくといいでしょう。
そうする事によって安心して外出ができます。

何となく疲れてしまっているなら早速実践してみてください。
意外なほど効果を感じられる対策法です。

お客さんの前では元気に振る舞う

疲れていると、お客さんに対しての態度も良くないものになってしまいがちです。
実際にキツイから、そうなっても仕方がない…と考える女の子もいるでしょうけど、これは良くないと言わざるを得ないです。
お店では、お客さんの方が圧倒的に優位です。
皆さんがお金を頂いている立場ですから、それを忘れない様にしましょう。

苦しくても笑っておかなくてはいけません。
それができない様であれば、先程言った様にしばらく休むべきです。
自分だけが疲れている訳ではないという事実に気が付いていただきたいです。
辛いのは自分だけではなく、他の人達もそれなりに大変な思いをしています。

だからこそ、それに耐えてどう対処するかという事が大切になってくる訳です。
ストレスの対処法を身につけるようにしてください。
お客さんに弱音を吐けば同情してくれるのでは?
と考える女の子もいますが、大抵のお客さんはそういった女の子に対して良い印象を抱くことはありません。

まとめ

お客さんに対して気持ち悪いという表現を使うべきではないですけど、実際そういったお客さんの相手をせざるを得ない場面も出てきますから、どうしても精神を病むソープ嬢が多くなりがちです。
そんな時は発想の転換をする様にしましょう。

まず、自分がいくらぐらいの金額を稼いでいるかを調べてみてください。
一般的な仕事とは比較にならない程稼いでいるはずです。
仕事の大変さにばかり目を向けて、もう1つの事実を忘れてしまってはいけません。
それに関連して、ソープとは関係ない一般のバイトをしてみる事をお勧めします。

そうする事によってソープ以外の仕事の労働の厳しさとか、得られる報酬の少なさを実感できる様になります。
それ以外の対策としては休みを多く取るというのもあります。
期限を定めずに好きな事をしてみてください。
開放的な雰囲気で過ごす事によってストレス解消に繋がります。

接客の場に戻ったら元気な姿をお客さんに見せてください。
ここで弱音を吐くのはプロとして失格と言わざるを得ませんから気をつけましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました