下着は自前?それともソープ店側が用意してくれるの?

待遇

完全に裸の状態になる前の段階で見せることになるのが下着姿です。
見た目が重視されるソープ嬢ですから、できるだけ気を使っておきたい所です。

この下着は自分自身で用意しなくてはいけないのでしょうか?
それとも、お店側が用意してくれたものを着用するのか、そこが気になる所です。
お客さんからの印象を大きく左右する事になる下着ですから、重視しておかないといけません。
直ぐに裸になるから関係ないと考えるのは間違いです。

基本的に下着は自分で用意する

ソープで着用する事になる下着類ですが、こちらは原則として自分で用意することになる可能性が高いです。
お店によって対応の仕方は変わってきますから、下着の扱いがどうなっているか確認しておく事をお勧めします。

ただ、基本は自前ですから、それなりにセンスの良いものを買っておかなくてはいけません。
スタイルが悪くなかったとしても、下着のデザインがダサイ場合は本人の評価まで下がってしまう事があります。
無難なのはピンク色の下着です。
この色が好きな男性は多いですから、そちらに合わせておくと良いでしょう。

ピンクは女性らしさを演出できますから、それだけで魅力が向上していきます。
個人的に好みの下着を穿きたいという気持ちもあるかも知れませんが、お客さんの好みを優先しておかないといけません。
あまり女性らしい性格でなかったとしても、プロフ写真くらいはピンクの下着にしておきましょう。
それだけで指名率が高まります。

せっかくだからブランド物の方がいいかな?と考える女の子もいるでしょうけど、男性は一般に下着のブランドには疎いですから、お金の無駄遣いになってしまう可能性が高いです。
なるべく安い物を購入しておくといいでしょう。
長時間出勤する場合はどうしても下着が傷みやすいですから、何枚か買っておく様にしてください。

仕事用とプライベート用で分けて使っておいてもいいでしょう。
複数枚購入する時ですけど、同じ色やデザインだったとしても特に問題はありません。
連日同じお客さんがやって来る可能性はゼロではないものの低いですから、同じ下着ばかり穿いていると指摘される心配はほぼないです。
こういった仕事で必要になる様々な物ですが、自前で用意する場合はできるだけ安くしておくのがポイントです。

節約をすれば、その分だけ皆さんの実質的な手取りを増やすことができるからです。
何枚も同じ下着を買うのが恥ずかしいなんて場合は、ネットの通販サイトを活用しておいてもいいでしょう。
こちらであれば宅配便で自宅に送られてくるだけですから、レジまで持って行く手間も省くことができます。
若干気になってしまうのは自分の身体にしっかりフィットするかどうかです。

体に当てて確認するなんて事はできませんから、なんとなくの感覚で選ばざるを得ません。
どういった方法で下着を手に入れるかは皆さん次第だと言えます。

個人的に欲しいと頼まれた場合は…

お客さんの中には、いわゆる下着フェチの方もいます。
そういう人の接客をしている時に、着用している下着を欲しいんだけど…と、お願いされる場合もあります。
お店がオプションとしてお持ち帰りを用意しているなら、そのマニュアルに従って対応する様にしてください。
もし、そういったオプションがない場合は個人的な判断でどうするかを決めるようにしましょう。

皆さんが構わないなら、無料でプレゼントしてあげても構いません。
ですが、それですとお金にはなりませんから、あまりオススメする事ができません。
手渡すとすれば、購入した下着代にプラスして2000円くらいが目安になってくるでしょう。
もちろん、これより高額にしてもいいですが、あまりにも高めにしてしまうと人間性を疑われてしまいやすいです。

客商売というのは人に好かれなければ困りますから、その辺りも考慮しておいてください。
高過ぎず安過ぎず、手頃な料金設定にしておいてください。

まとめ

裸になって接客する事になるソープ嬢ですけど、その前に一旦下着姿を見せる事になります。
ここで着用する下着類ですが、基本的には自前で用意する事になるケースが多いです。
やはり、色やデザインにはこだわっておきたい所です。
男性に人気なのはピンク色ですから、それに近い色の下着を買っておくといいでしょう。

もちろん上下セットが基本になります。
バラバラになっていると統一感がないので、見た印象も良くないものになってしまいます。
値段については高額な物である必要はありません。
そうすると、金銭的負担が大きなものになってしまいますから注意しましょう。

ブランドよりも見た目に拘るようにしてください。
魅力的な下着であれば、お客さんも自然と欲しがります。
持ち帰りオプションが無い場合については、個人でいくらにするか決める様にしてください。
間違っても購入金額より安くしてはいけません。

そうすると赤字になってしまいますから何の意味もなくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました