デブだからソープで稼げないなんてことはありません!

給料・稼ぎ

モテない代名詞の様な扱いになってしまっているデブですが、自身がその様な体型だったからといってソープで絶対に稼げないという事は無いです。
それなりの金額を稼ぐ事はできますから、とりあえず良さそうなお店を探し出すようにしてください。
ただ、やはり愛想は良くしておかないといけません。

お客さんあっての商売ですから、その辺りはしっかりしておきましょう。
ただ太っているというだけでは、お客さん側としても魅力を感じにくいです。

デブ好きの男性は意外といる

太っているだけで女性としての扱いをしてもらえないと言えば大げさにも聞こえますが、あながち間違っているとも言い切れません。
それが今の社会ですから、デブの女の子にとってみれば相当ツライ思いをしながら生活を送っているという事になります。
ただ、物の見方というのは本当に多様です。
太っているだけでブス扱いする人がいる一方で、それが好みだという男性も存在しているからです。

これは皆さんにとっての希望だと言えます。
ソープ店にしてもデブ専のお店がありますから、そういったお店で働く事をオススメしたいです。
一般のソープ店に在籍する事もできなくはありませんが、事実上大衆店に限定されてしまいますし、他の女の子はそれなりに痩せ体型ですから、その中ではどうしても浮いた存在になってしまいます。
それに比べると専門店なら在籍している女の子の体型は皆似たり寄ったりですから、お客さんから体型で差別されるなんて事もありません。

ダイエットをする必要もないですから、そういう意味でも気が楽になるでしょう。
ただ、体型そのものが全く評価されないかと言えばそういう訳ではありません。
大切なのはやはり身体の張りです。
だらしなく垂れ下がっている状態というのは基本的に好まれません。

食事をする事は良いにしても、それに加えて運動をしておくという事がとても大切です。
身体の張りは若さの象徴でもありますから、これをできるだけキープする様にしておいてください。
また、できるだけファッションに関心を持つという事も大切です。
髪型もキレイに整えておく様にしましょう。

お客さんはデブという事に関しては好んでいますが、だからと言って何でも許容する人たちという訳ではありません。
やはりこの業界においても美しい方が圧倒的に指名されやすいです。
比較的人気がある女の子たちが、どういった格好をしているか関心を持って見てみてもいいでしょう。
それを真似するだけでも指名率が変化していきます。

真似ばかりしているとオリジナルの良さが失われてしまような気がしますが、そんな事は無いです。
どれだけ真似をしても、自分らしさというのは隠し切ることができません。
ですから、安心して真似をしておく様にしてください。
ランキング制度があるお店が大半ですから、自分が何位に位置しているか確認しておきましょう。

やはり目指したいのは1位です。
在籍している人数はそれ程多くないですから、1位を狙うという事も十分に可能です。

内面の重要度が高くなりやすい

デブ好き男性の利用客もいますが、格安ソープとして利用しているお客さんもいます。
そういった人たちからすると、見た目についてはあまり好みではないという事になるでしょう。
その代わりに重視されるのが内面です。
いかに愛想よく対応できるかが大切になってきますが、これができない女の子の方が圧倒的に多いです。

接客業というのは向き不向きがあって、向いていない女の子だと適応するまでに相当な時間が掛かることがあります。
できれば前もって風俗とは関係なく、人と関わる仕事をしておいた方がいいでしょう。
そうする事によって、ある程度人と接するのに慣れることができます。
ぎこちない接客になってしまいがちなのは理由がありますが、基本的には本人が不安を感じているからという事になるでしょう。

不安は慣れによって明らかに少なくなっていきます。
経験を積んでいく様にしてください。
苦手な事に積極的にトライしていけば、見通しも明るくなっていきます。

まとめ

ソープで働く際の最低条件として痩せていなくてはいけないと思い込んでいる女の子もいますけど、特にその様な事はありません。
デブ専のお店も多くて、そういったお店であれば痩せなくても普通に採用してもらう事ができます。
実際、太り気味の女の子が好きな男性は意外なぐらい多いです。

割合としては少なめだったとしても、皆さんが稼ぐ上で困ってしまうほど少数ではありません。
デブでも稼げるという事は認識しておいた方がいいでしょう。
こういったお店にやって来るお客さんは皆デブ専という訳ではありません。
プレイ料金が比較的安くなっていますから、通常のソープ店を利用する感覚で訪れるお客さんもいます。

その場合、重視されるのは外見ではなくて内面という事になるでしょう。
この子は良い子だなぁ…と思われるような振る舞いをする様に努めてください。
性格ブスではいけません。
出勤日数はできるだけ多くして仕事に慣れましょう。

そうすれば緊張せずに接客する事ができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました