ソープの体験入店で問題なければ本入店しましょう

面接

ソープ店で勤務した経験がない場合は、まず体験入店という形で働き始める事が多いです。
その後に本入店をするかしないかという決断を迫られる事になりますが、そもそも体験入店と本入店はどこがどの様に異なっているのでしょうか?
これらの違いを把握しておきましょう。

場合によっては体験入店を無しにして、いきなり本入店をするなんて事もできます。
それぞれの事情によって働き方を柔軟に変えるという事も考えておきましょう。

風俗業界ならではの体験入店制度

一般的な仕事とソープが決定的に違っている点として、体験入店制度の有無が挙げられます。
これを一言で言うと、試しに働く事ができますという仕組みです。
一般の会社で言えば、いきなり正社員で働くのではなくて、まずはアルバイトをしてみるといった感じです。
この期間についてですが、それ程長くないという事が多いです。

一週間とか、場合によってはそれよりも短いなんて事もあります。
この日数についてはお店側と相談をして決める事になります。
この様な仕組みが存在しているのは、それだけソープの仕事内容が特殊だからです。
飲食店なんかですと普段から店員さんが接客をしている様子を見ていますから、大体の仕事内容というのが分かっていますが、風俗の場合は基本的に密室の中でプレイが行われていますから、何をしているのかよく分からないという事が多いです。

知識として何となくは理解していても、実際にやってみて想像とのギャップに驚いてしまうなんて事もあります。
だからこそ、お試し制度が用意されている訳です。
体験入店をするかどうかは皆さん次第ですが、もし業界未経験だとすれば、その仕組みを活用しておく事をお勧めします。
いくらやる気があっても本入店は控えておいた方がいいでしょう。

何日か働いてみて、これならいけるという確信が持てるまでは判断する必要はありません。
ちなみにこの体験入店ですが、本入店をしている女の子たちと全く同じ割合でお金を稼ぐ事ができます。
新人だからといって冷遇されるなんて事はありません。
ここで驚くのは、その手取り額の多さでしょう。

何人のお客さんの相手をするかは、その日の客入り具合によっても変わってきますが、もしその人数が1人だけだったとしても1万円前後の金額は得ることができるでしょう。
時間的には殆んど仕事をしていないような気がしたけれど、普通のバイトで丸一日働いたのと同じくらいの金額を手に入れることができるのがソープならではの強みです。
この様な仕組みですが、どこのお店でも基本的には用意されています。
面接をクリアしたら働く事になりますが、おそらくその時も体験入店という形で働き始める事になるはずです。

ただ、経験者の場合はその限りではありません。
それなりに長い期間働いてきた経験がありますから、いきなり本入店をするという形になるでしょう。
皆さんもこれまでの経験等を考慮した上で、どちらかの働き方にするか選択してください。

好みでない男性を相手にする仕事

無事に本入店をする女の子がいる一方で、仕事に馴染めずに諦めてしまう女の子もいます。
その理由は数え切れない程ありますが、よくあるのはお客さんが想像以上に嫌だったからという物です。
もっと分かりやすい表現を使えばキモイからになるでしょう。

お客さんの容姿ですが、残念ながらお世辞にも良いとは言えません。
平均よりも劣っているという事が多いです。
嫌かも知れませんが、考えてみればこれは当然だと言えます。
もし、平均以上の容姿であれば、プライベートで彼女を作るなんて事もできるはずです。

そういったレベルに達していないからこそ彼らはソープ店を利用して女性と関係を持っている訳です。
では、見た目ではない内面についてはどうなのかですが、こちらもやはり平均よりは優れていないという事が多いです。
見た目が良くなくても内面が良ければどうにかなる事が多いですが、両方ダメという事がとても多いです。
ただ、これは男性に限った話ではありません。

男性でも女性でも、基本的にはモテない人たちの方が大半です。
もしかしたら皆さん自身もそうではないでしょうか?
それはともかくとして意識しておきたいのは、そういったお客さんが実際にやって来るという事です。
だからこそ心の準備をしておく様にしてください。

何となく格好良いお客さんが来てくれるのでは…と期待してしまいがちですが、その期待は極めて高い確率で裏切られる事になるでしょう。
世の中そう上手い具合にはいきません。
この他にも体臭に問題があるなんて事もあります。
口臭であるとか腋臭が接客中に気になってしまうなんて事は日常茶飯事です。

稼げるのは確かに紛れもない事実ですが、そこにばかり注目してしまうと後で痛い目を見ることになるでしょう。
相当過酷な接客になると考えるくらいで丁度いいです。
そうする事によって仕事をした際のギャップを最小にする事ができるからです。
期待はしないでおくという事が大切になってきます。

ネガティブに感じられますが、意外といいお客さんもいます。
見た目はともかくとして内面的には優しい人とか、気を使っている人もいます。
そういった人間の生々しさを感じられるのもソープという仕事の魅力の1つでしょう。
これまで人間不振だったけれど、ソープで働いてみたら、それなりに他人を信頼できる様になったなんて女の子もいます。

興味深い仕事なのは間違いないですから、試しに働いてみるのもいいのではないでしょうか?

慈悲の心で接客をしましょう

慈悲の心というと難しく感じられますが、要するに思いやりをもって優しく接しましょうという事です。

好みとは程遠い男性相手にも、その様にしなくてはいけません。
それが接客だと理解する様にしましょう。
お客さんは皆さんの彼氏候補ではありません。
ですから、それに対して苛立ったり不快な気持ちになる必要はありません。

あくまでも、お客さんとして割り切って対応する様にしてください。
その様に考えると負担も少なくなっていきます。
ソープ店を利用するお客さんはどちらかというと世間で冷遇されている人たちが多いです。
恋愛弱者と言ってもいいでしょう。

本物の恋人を作れれば理想的ですけど、現実的には非常に困難です。
そこで、その代わりとしてソープ店を利用している訳です。
皆さんはそういったお客さん側の事情をしっかり理解しておいた方がいいでしょう。
プレイの時間が何分になるかはともかく、恋人らしく振る舞うという事が大切になります。

それと同時に看護師とか介護士のような感覚で接するという事も大切です。
彼女たちは仕事で汚物に触れる事もありますが、人の役に立っているという自覚がありますから、そこまで不快になる訳ではありません。
皆さんも仕事だと割り切るようにしてください。
その相手を男性として見る気持ちが強いと、どうしても嫌悪感が出てきてしまいます。

予め決められた通りに淡々と仕事をこなしていけば、それ程の苦痛を感じることもないでしょう。
一方で思いやりも大切です。
この辺りのバランスをできるだけ維持する様にしてください。
ソープ業界はとにかく見た目が重視される傾向がありますけど、こういった内面で優れている場合、見た目が平均より遥かに劣っていたとしても人気嬢の仲間入りができる可能性が高くなります。

お客さんに好かれやすいかどうかが前もって分かる事もありますけど、仕事をしてみて初めて適性が分かる場合もありますから、とりあえずは働いてみてください。
最初の1週間ぐらいは戸惑いが大きくなりがちです。
これまで経験した事がない仕事でしょうから、そうなってしまうのも当然です。
これをまず乗り越えるようにしましょう。

次第に慣れてきますから、そうなれば圧倒的に仕事がしやすくなります。
大変な面が強調されがちな風俗の仕事ですけど、相性がピッタリ合った場合は天職になる事もあります。
楽しく沢山のお金を稼いでいるという女の子は、皆さんが思っている以上に大勢います。

続けられそうなら本入店をする

体験入店の期間が終了した後ですが、お店の人から本入店するかどうかの確認が行われる事になります。
本入店しますか?
と聞かれる事もありますが、そういった表現ではなくて、これから先頑張れそうですか?

と聞かれる事もあります。
本入店というと何か特別な手続きを経なくてはいけないかのように思えるかも知れませんけど、特にそういった事はありません。
これから継続して働きますと、お客さんに対して伝えている側面が強いです。
実際の所、体験入店と本入店で特別何かが変わるという事はありません。

ただ、お客さんから見た時、体験入店だと直ぐ辞めるかも知れないな…と思われる可能性が高くなります。
その段階を乗り切って本入店をしたという事になれば、これからしばらくの間は楽しめると思ってもらえるでしょう。
また、皆さんが上手く仕事に適応できずに辞める時、スムーズに辞めやすいという理由もあります。
体験入店ですから、辞めても格好悪いなんて事はありません。

本入店をするという決断をした場合に待遇面がどの程度変化するかですが、残念ながら特に変わりはありません。
しばらくの間働き続けますから、その事についてお客さんにブログで報告しておいてもいいでしょう。
出勤する日数であるとか時間帯はできるだけ多くしておく事をお勧めします。
限定されていると、お客さんとしても予約がしにくくなってしまうからです。

短時間出勤で稼げるのは人気嬢に限定されます。
働き始めたばかりの段階で何をするべきかですけど、とにかく自分の顔を売るという事が大切です。
いくら実力的に十分だったとしても、存在を認知してもらえなければ指名されるという事もありません。
積極的に露出していく様にしてください。

ただ、やり過ぎてしまうと身バレしてしまいますから、その辺りのさじ加減は上手く調節しておく様にしましょう。
バレない程度に前に出るという事を心がけてください。
新人期間については割引料金になっている事が多いですし、お店サイドとしても積極的にプッシュしてくれますから、できるだけ頑張るようにしましょう。
ちょっと働き過ぎかも知れない…という位にしておくといいでしょう。

そうする事によってお客さんに存在を知ってもらう事ができます。
常連さんを何人作ることができるかというのもポイントになります。
新規客ではなく固定客を多くするという事がソープで働く際の安定収入に繋がります。

まずは勇気を出して体験入店

店舗のホームページをチェックしてみたり、求人サイトを覗いてみる等している女の子はとても多いですけど、そこから一歩踏み出して実際に体験入店をする女の子の割合はかなり少ないです。
とりあえずの生活はバイトでもできる訳ですから、そうなってしまうのも分かりますが、やはりここは体験入店にトライしていただきたいです。
お店の人達は皆さんの敵ではなくて仲間ですから、面接の際もできるだけリラックスして臨んでください。

実際にプレイルームの中に入って、引き返すことができない段階まで持っていきましょう。
そうすればやらざるを得ないですから、自然と接客をする事になります。
ここまでくれば後は流れでどうにでもなります。
仕事内容については講習用DVD等で知ることができますから安心しましょう。

1人でもお客さんの相手ができれば大きな山は越えたと言えます。
そのままの流れで続けて接客してください。
慣れるまでがある意味で勝負です。

まとめ

女の子からするとソープの仕事というのは未知の世界です。
だからこそ、多くのお店では体験入店ができる様になっています。
これによって、どんな仕事内容なのか把握する事ができます。

ソープは自分の好みではない男性が多くやってきます。
その人たちの相手をする事になりますから、戸惑いは相当な物になってしまいます。
接客が嫌になってしまうかも知れませんが、ここで大切になるのが慈悲の心です。
多くのお客さんは短いプレイ時間に対して大金を支払っています。

プライベートでも満足な生活を送っているとは言い難いです。
それを理解すれば、どの様に接客すればいいかも分かってくるでしょう。
しばらく体験入店という形で働いてみて、これからも頑張っていけそうだと判断されれば本入店をする様に促されますから、それに応じてください。
ともかくまずは体験入店をしましょう。

この段階で躊躇して働く事ができないというケースが案外多いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました